コーヒー豆詳細(深煎りストレート)


グァテマラ SHB  エルモリト農園深煎り

 ・ イエローブルボン特有の滑らかな甘苦味
    → イエローブルボンのグァテマラでしか出せない上品な甘くて苦い味を表現してみました。
    → 滑らかな甘苦味を表現するため、コクが出始めるタイミングで煎り止めしています。
 ・ このグァテマラ深煎りは、ドリップ、プレス共にお楽しみ頂けますが、
プレスの方が、よりその特徴を味わえます。
 ・  このコーヒーをベースにしたブレンドは、スウィートネス・マヤ 及び、カフェ・インペリオ 
   →スウィートネス・マヤは、現在、販売を一時中断しています。

● コーヒー豆の価格
      100g  600円
      250g 1,500円
      500g 2,700円 (300円 おトク)

グァテマラ SHB  ラソレダ農園深煎り販売終了しました
グァテマラ SHB  レタナ農園 深煎り 販売終了しました

● 農園概要 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 ・ スペシャルティコーヒーの産地として名高いアンティグアは、アグア火山、アカテナンゴ火山、フエゴ火山に囲まれた盆地。
 ・ 火山がもたらす水はけの良い豊かな土壌、山から吹き付ける冷たい空気が昼夜の寒暖の差を生み出している。
  ・ 最高品質のコーヒーを作る自然条件が揃ったアンティグアは、 グァテマラで最初にコーヒー栽培の始まったところ。
 ・ レタナ農園はスペイン殖民地時代の建築が色濃く残る古都アンティグア中央公園から西へ1.5kmの中心に位置する。
 ・ 農園では、味のよいイエローブルボンだけを特別に分けて、栽培・収穫・精製している。
 
アンティグア・コーヒー生産者協会(ACPA)>
  ・ アンティグア産コーヒーはその知名度と人気の高さから、従来から多くの偽物に悩まされてきた。
  ・ アンティグアのコーヒー生産者たちは、2000年にACPAを設立。
  ・ アンティグア内の農園で収穫・精選された「正真正銘のアンティグア産コーヒー」に証明書を発行している。

  ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

グァテマラ SHB インヘルト農園 深煎り   販売終了しました

グァテマラ SHB  エルピラール農園 深煎り 販売終了しました
  


インドネシア スマトラ ゴールドトップマンデリン
● コーヒー豆、香味の特徴
 ・ インドネシア スマトラ・マンデリンのスペシャルティコーヒー豆です。
      品種 ティピカ種 ほか
    標高 1600~1650m 
    精製 スマトラ式パルプドナチュラル*
    収穫 6~7月 ニュークロップ
   グレード G1 
 ・濃厚なコクと芳醇な香り
     → 苦味の中に深くなめらかで甘みのあるコクと香り
     → ドリップ、プレス共にお楽しみ頂けます。   

● コーヒー豆の価格
       100g   650円
       250g 1,625円
       500g 2,925円(325円 おトク) 

 ● 農園概要 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
・スマトラ島北部に位置するリントン地区の限定農園より完熟チェリーを手摘みしています。
 ・最終仕上げまでに、
   セミ・ウォッシュド加工を施し、   天日乾燥後、脱穀してグリーンビーンズにされ、
   さらにその後再び乾燥工程を経た後、2回のスクリーニングと
   4回のハンドピックを含めた選別が行われている “厳選された最高級コーヒー” です。
* 精製工程
  コーヒーの実は果肉除去され、パーチメントが取り出され、パーチメントは小さな水槽で水洗される。
    パーチメントの表面のヌルヌルを綺麗に取るのが目的。時間は約1-2分。
        ↓
  水洗されたパーチメントは,1日 天日乾燥
        ↓
  メダン市の輸出業者に輸送される
        ↓
  メダン市でパーチメントはさらに二日間天日乾燥され、コーヒー生豆(グリーンビーンズ)に脱穀される。
        ↓
  このコーヒー豆はまだ水分含有が40%と高いので、
  その後、コーヒー豆は水分含量が12.5%になるまで、さらに天日乾燥される。
        ↓
  充分乾燥したコーヒー豆は選別工程に入る。
    比重選別/風選/スクリーン選別により
     シルバースキン、小さな豆、欠け豆、異物等が取り除かれ、さらに、手選別でGRADE-1の段階まで厳選される

 ・スマトラ式精製と呼ばれ、インドネシアのスマトラ島で行われている特殊な精製方法です。
 ・マンデリンの独特な香味は、品種や土壌によるものだけでなく、この特殊な精製方法による部分が大きいとも言えます。
 ・上述のように、含水率が高い状態で、臼式の脱穀機にかけられるため、豆がプレスされてつぶれて平たい形をしている。
 ・ニュークロップでも繊維は軟らかく、乾燥もはやく、枯れやすいので、 生豆の鮮度管理には気を使います。
  綺麗な甘苦味を感じられる期間は短く、3ヶ月も経てば味は濁ってきます。

  ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

インドネシア スマトラ リントン ドロッサングール販売終了しました

インドネシア スマトラ リントン アルールバダ販売終了しました  




 ブラジル  サンタクリスチーナ農園  深煎り  

● コーヒー豆の価格
      100g  600円
      250g 1,500円 
      500g 2,700円 (300円 おトク)

・このコーヒーをベースにしたブレンドは、前後ブレンド 深煎りマイルド 

ブラジル  モイーニョ農園  深煎り  販売終了しました

ブラジル  カッシャンブー農園  深煎り  販売終了しました

ブラジル  パッセイオ農園  深煎り  販売終了しました

 ブラジル サンタイネス農園 深煎り販売終了しました

ブラジル ハインニャ農園  深煎り販売終了しました
ブラジル  サンタエレナ農園  深煎り 販売終了しました

 ブラジル セラード農園 深煎り    販売終了しました
ブラジル モンテアレグレ農園  深煎り    販売終了しました
  


タンザニア AA マチャレ農園  深煎り 
● コーヒー豆、香味の特徴
    品種 ブルボン、ケント種
    精製 水洗式 
    収穫  ニュークロップ
   グレード AA

 ・濃厚でキリッとした苦み
  →中煎りより、さらにしっかりとしたボディ感が加わり、きりっとした苦みがあります。
  →ミルクとの相性もバッチリで、アイスコーヒーにしてもGood! 
  →タンザニアと級のコクと苦みがピークの時に煎り止めしています

 ・大粒で肉厚
 ・煎り豆のセンターカット(割れ目)が黄金色に見えることから、
  ”ゴールデンセンター”と呼ばれています。豆でご購入の方はご覧あれ!
 ・タンザニアのコーヒーは、プレス抽出より、ドリップの方がより個性的になる傾向があります。
   →このタンザニアの豆は、ドリップ、プレスともに、タンザニア特有の苦みが楽しめます。

・このコーヒーをベースにしたブレンドは、
              前後ブレンド深煎りビターブラック・アフリカーノ

● コーヒー豆の価格
      100g  600円
      250g 1,500円 
      500g 2,700円 (300円 おトク)

 タンザニア AA ブルカ農園  深煎り 販売終了しました

タンザニア AA スノートップ 深煎り    販売終了しました
 タンザニア AA モンデュール農園  深煎り    販売終了しました
  
● 農園概要 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 ・ この農園は、アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ山の裾野に広がる
  タンザニア最大のコーヒー産地であるモシ、アルーシャ地域にある。
 ・ 農園で収穫されたものの内、品種をティピカ種とケント種
  に限定し、さらに大粒(AAグレード)のものだけを選別。
  ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 



コロンビア  ウィラ・ブルセラス  極深煎り 

 ● コーヒー豆、香味の特徴

・コロンビアのスペシャルティコーヒーです。
  農園ブエナビスタ農園
  品種 ブルボン、カトゥーラなど
  標高 1630m
  精製 水洗式
  収穫 9~12月 ニュークロップ

重厚感ある苦味と濃厚なボディに潜む甘い風味
   → 重厚な苦味の中に甘み残るように煎り止めしています。

   → 中深煎りより、さらにどっしりしたボディが加わり、重厚感ある甘苦みが楽しめます。
    → ミルクとの相性もバッチリ
 コロンビアのコーヒーは、中深煎り、極深煎り共に、ドリップ、プレス
   共に、持ち味である厚みのあるコク、
苦味の中にある甘みを楽しめます。
・ このコーヒーをベースにしたブレンドは、アイスブレンド 
● コーヒー豆の価格  
                   100g   630円
        250g 1,575円
        500g 2,835円 (315円 おトク)  

コロンビア ヴィラ・フェティマ農園   深極深煎り   販売一時中断

コロンビア ベラヴィスタ農園   深煎り    販売終了しました
コロンビア サントゥアリオ農園  深煎り 販売終了しました
● 農園概要 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 ・ この農園があるカウカ県は、最高品質のコーヒー生産地として
   世界的に有名で、県の中心に位置する地域はポパヤン高原と呼ばれ、 
       昼夜の気温差が非常 に大きく、また豊かな降水にも恵まれ、高品質のコーヒー生産に適した土地です。
 ・ 完全にサスティナブルな条件下(土壌保全、地域社会への貢献、
   生物多様性の保護)でコーヒーの生産に取り組むべく、農園を設計。
   1999年にこのプロジェクトをスタートさせました。 
  ・ 苗木の播種からコーヒーの収穫、精選にいたるまで非常に高いクオリティを持った作業マニュアルを作り上げています。
 ・ 農園の内外には、巨木が林冠をつくる豊かな森林が広がり、鳥やその他の野生動物の住居となっています。
   ・ コーヒーは、在来種の良い苗木のみを選定。