コーヒー豆詳細(中煎りストレート)

 



ブラジル 

サンタクリスチーナ農園  中煎り

   ● コーヒー豆の価格
        100g  570円
        250g 1,425円
        500g 2,565円 (285円 おトク)

  このコーヒーをベースにしたブレンドは、ナチュレ・ブラジリーニョ     

モイーニョ農園  中煎り販売終了しました

カッシャンブー農園  中煎り販売終了しました

パッセイオ農園  中煎り販売終了しました

サンタイネス農園  中煎り販売終了しました

ハインニャ農園  中煎り販売終了しました

サンタエレナ農園  中煎り販売終了しました

トレスバラス農園  中煎り 販売終了しました

モンテアレグレ農園 中煎り     販売終了しました
● コーヒー豆、香味の特徴
 ・ブラジルのスペシャルティコーヒー豆です。
  
    品種 ブルボン種100%
   標高 1000~1100m 
    精製 パルプドナチュラル 
    収穫 6~7月 ニュークロップ 

 ・芳醇な香りと甘く柔らかな酸味
     → このブラジル・モンテアレグレ中煎りは、甘酸っぱく柔らかいのが
      特徴です。
    → このブラジル特有の甘酸っぱさが消えかかる前に煎り止め
      してます。

 ・ このブラジル・モンテアレグレ中煎りは、
     → ドリップもOKですが、プレスの方がより柔らかさを実感出来ます。

● 農園概要 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  

  ・ この農園は、ミナスジェライス州南部、標高3300~3600フィートの
     アルフェナス郊外に位置します。

  ・ 2,700haという広大な農園の一部に162haのブルボン種専用区画
           設けられ、完全に区別された生産方法によって栽培されています。
    
  ・ 品質を保つため、船積一週間前までパーチメント保管し、オーダー毎に
           脱穀。最初に、BSCA(*)の登録第者認定機関によって品質検査が
            行なわれます。この品質検査によって合格したコーヒーだけが受ける 
           BSCAマークは、 伝統的な製法と近代的な品質基準を兼ね備えた
        コーヒーにだけ与えられる「ブラジル高品質コーヒー」の証となります。 
    
  (*) BSCA
ブラジル・スペシャルティコーヒー協会
    SPECIALTY COFFEE ASSOCIATION OF BRAZIL
        http://www.bsca.jp

    世界No.1のコーヒー生産国で、消費国としても第3位
       品質証明制度を構築し、スペシャルティコーヒーを直接ユーザーに
       提供する方法で、消費国の注目を集めている。
   ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  






  グァテマラ SHB  エルモリト農園 中煎り 

  ・イエローブルボン特有の滑らかなシルキー感

  → ドリップよりプレスの方がシルキー感を楽しめます。

  → シルキー感を出すため、酸が消えかかり、コクが出始める

    タイミングで煎り止めしています。

 ・このグァテマラ・レタナ中煎りは、

  → ドリップすると、コクとスッキリ感を、

    プレスで飲むと滑らかな感じを楽しめます。

 ・このグァテマラ(中煎り)は、ブレンドの脇役として万能で、

  当店のブレンド全10種類中7種類で使用しています。 

    ● コーヒー豆の価格
        100g  570円
        250g 1,425円 
        500g 2,565円 (285円 おトク)
 

 ラソレダ農園 中煎り販売終了しました

  レタナ農園 中煎り販売終了しました

・グァテマラのスペシャルティコーヒー豆です。
  品種 イエローブルボン種100%
  標高 1550m
  精製 水洗式  
  収穫 12~3月 ニュークロップ
  グレード SHB      
    

 ● 農園概要 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  
 ・ スペシャルティコーヒーの産地として名高いアンティグアは、
  アグア火山、アカテナンゴ火山、フエゴ火山に囲まれた
  盆地。

 ・ 火山がもたらす水はけの良い豊かな土壌、山から吹き付ける
  冷たい空気が昼夜の寒暖の差を生み出している。

 ・ 最高品質のコーヒーを作る自然条件が揃ったアンティグアは、
   グァテマラで最初にコーヒー栽培の始まったところ。

 ・ レタナ農園はスペイン殖民地時代の建築が色濃く残る古都
  アンティグア中央公園から西へ1.5kmの中心に位置する。

 ・ 農園では、味のよいイエローブルボンだけを特別に分けて、
  栽培・収穫・精製している。

 
アンティグア・コーヒー生産者協会(ACPA)>
  ・ アンティグア産コーヒーはその知名度と人気の高さから、
    従来から多くの偽物に悩まされてきた。
  ・ アンティグアのコーヒー生産者たちは、2000年にACPAを設立。
  ・ アンティグア内の農園で収穫・精選された「正真正銘の
   アンティグア産コーヒー」に証明書を発行している。 

  ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

  インヘルト農園 中煎り  販売終了しました

  エルピラール農園  中煎り  販売終了しました




タンザニア AA マチャレ農園  中煎り
● コーヒー豆、香味の特徴
       品種 ブルボン、ケント種
      精製 水洗式 
       収穫  ニュークロップ
      グレード AA 

    標高 1400m

 濃厚で甘い香りが特徴
     → すっきりした爽やかな甘酸味

 ・ このコーヒーをベースにしたブレンドは、シャイニング・スター
   
 ・モンデュール農園の時と同様、中煎りと深煎りの両方を販売いたします。


● コーヒー豆の価格
      100g  570円
      250g 1,425円 
      500g 2,565円 (285円 おトク)



ブルカ農園  中煎り 販売終了しました

スノートップ 中煎り    販売終了しました

 

● 農園概要 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 
 ・最高級品との意味合いから、ほかのタンザニアAAグレードのものと
   区別するため、 “SNOW TOP” と呼ばれています。

 ・名前の由来は、キリマンジャロの頂を一年中覆う万年雪からきています。
  
 ・このコーヒーは、キリマンジャロ山麓にあるモシ地区において、
   キリマンジャロ・プランテーション社(KPL)が運営する8つの農園*にて
   生産されたコーヒーのなかで、厳選された高品質のものです。
   
    *Tchibo, Kichoni, Mawingo, Chombo, Kifumbu,
     Gomberi, Kaity, Kilimanjaro

 ・8つの農園は、豊かな土壌とコーヒー栽培に適した気候、
   キリマンジャロ山の潤沢な雪解け水をつかった水洗処理により、
   スノートップの名にふさわしい、最高のコーヒーが生産されています。
  ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

モンデュール農園  中煎り      販売一時中断
● コーヒー豆、香味の特徴
 ・ タンザニア(*)のスペシャルティコーヒー豆です。
                     (*)タンザニア・・・(通称)キリマンジャロ
      品種 ティピカ種、ケント種(ブルボン種とティピカ種の交配種)
    標高 1650~1840m 
    精製 水洗式 
    収穫 10~2月 ニュークロップ
   グレード AA

 ・ 濃厚で甘い香りが特徴
     → 
すっきりした爽やかな甘酸味
     → タンザニア特有のコクが出始めたところで煎り止め
       してます。

 ・ 大粒で肉厚
 ・ 煎り豆のセンターカット(割れ目)が黄金色にみえることから
   ”ゴールデンセンター”と呼ばれています。
   豆で購入される方は、一度ご覧あれ!!
 ・ タンザニアのコーヒーは、プレスよりドリップの方が、より個性的になる
  傾向があります。
  このタンザニア・モンデュール中煎りは、
     → ドリップの方が、すっきりシャープな酸味が楽しめ、
     → プレスで淹れると、酸の感じが穏やかになります。
 
● 農園概要 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 ・ この農園は、アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ山の裾野に広がる
      タンザニア最大のコーヒー産地であるモシ、アルーシャ地域にある。

 ・ 農園で収穫されたものの内、品種をティピカ種とケント種
      に限定し、さらに大粒(AAグレード)のものだけを選別。
  ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~